fc2ブログ

記事一覧

(第165回)【小さな旅】伊奈町制施行記念公園(その2)~秋の薔薇~

 秋の薔薇が可憐で好きだ。春の薔薇も豪華でいいが、秋は「バラ祭り」のような賑やかさがなくひっそりと楽しめるのがまたいい。雨上がりのある日、僕は薔薇を見に出かけた。鞄の中に入っているカメラはコンパクトデジカメのRicoh WG-50一つなので何とも心もとないような気もするが、マクロ機能も充実した実は結構「できるコンデジ」だ。天気もはっきりしなかったので、防水防滴機能に優れたこのデジカメはむしろどんなに天候が崩...

続きを読む

(第164回)【小さな旅】石戸神社・東光寺~源範頼館跡~

 少し前に埼玉県比企郡吉見町の息障院を蒲冠者(かばのかんじゃ)源範頼(のりより)の館跡として紹介した。その荒川の対岸、北本市にも範頼の館跡として伝えられている場所がある。北本市石戸宿にある平城である石戸館(いしどやかた)は、別名は堀の内館とも呼ばれている。吾妻鏡によると、石戸郷の領主は石戸左衛門尉(いしとのさえもんのじょう)とある。しかし、石戸氏は安達氏の出身でその出現は範頼の没後50年以上経過してか...

続きを読む

(第163回)【小さな旅】コジマ北本店

 今回の記事は多くの方から「お前はいったい何をやっているんだ」とお𠮟りを受けそうなタイトルである。しかし、僕はあるネット記事を読んで衝撃を受けるとともに、居ても立っても居られない気持ちになって、コジマ北本店に向かったのだ。 いつ頃から家電量販店が郊外のロードサイドなどに並ぶようになったのかは記憶が定かではない。少なくとも人生で初めて携帯電話を購入したのが実家から比較的近くにあったコジマだったという...

続きを読む

(第162回)【小さな旅】北本自然観察公園 ~初秋の花の色を探して~

 僕のお気に入りの散歩道である北本自然観察公園を中心に、初秋の花の色って何だろうと思って、カメラと双眼鏡をもって散歩に出かけた。この時期の花と言えば彼岸花だが、うちの父親に言わせると、新潟の農家の多くは敷地内に彼岸花を植えることはないそうだ。毒もあり知らないうちに増殖してしまう生命力は農家にとっては農地を荒らすものと考えたらしい。関東の田んぼのあぜ道には割と彼岸花が咲いているケースが多いのだが、地...

続きを読む

(第161回)【小さな旅】息障院・源範頼館跡

  源範頼(のりより)は源義朝(よしとも)の6男で、源頼朝(よりとも)の弟といったほうが分かりやすいだろう。現在の静岡県浜松市東区にあたる、蒲御厨(かばのみくりや)で出生したことから、蒲冠者(かばのかんじゃ)とも呼ばれている。受領名は三河守。範頼は義経(よしつね)と共に西国の平家討伐を行ったが、最後は頼朝の勘気にふれることになる。その後の説は①伊豆修善寺に流刑となり殺害された②横浜の大寧寺で自刃した...

続きを読む

プロフィール

たいやき

Author:たいやき
カメラ好きには写真家と写真機家の二種類がいるという。
ぼくは間違いなく写真機家なのだろう。
写真は一向に上達しないが、カメラはいつの間にか増えていく。

ご来訪ありがとうございます